妊娠中の口腔ケアについて

ホームへ戻る >  軽水  > 妊娠中の口腔ケアについて

妊娠中の口腔ケアについて虫歯や歯周病は歯磨きの不足や食生活の乱れだけでなく、日常生活のさまざまな習慣や体調の変化によっても生じます。そんな原因の中でもとくに女性が注意したいのが妊娠中の口腔トラブル。妊娠中にはさまざまな面で体調の変化が見られるようになりますが、虫歯や歯周病も注意すべきポイントして挙げられるのです。


どうして妊娠中に虫歯や歯周病になりやすくなるのでしょうか。まず体調の変化が挙げられます。妊娠するとエストロゲンやプロゲステロンといった女性ホルモンの分泌量が増加します。


胎児を育てるために必要な体の反応なのですが、これらのホルモンは歯周病を悪化させる細菌を増加させる作用もあるのです。これによって生じる歯周病を「妊娠性歯周病」と呼んでいます。さらに恐ろしいことに歯周病が出産に悪影響を及ぼすのではないか、という説があります。

もうひとつ、妊娠中は食欲が低下する、味覚が変化するなど食生活が変化しやすいのも特徴です。一度の食事ではあまり量を食べられないため、栄養を確保するため何度かに分けて食べることも多くなります。そうするとどうしても口内の衛生環境が悪くなり、虫歯になりやすくなります。何度かに分けて食べている場合には食事のたびに歯磨きをするのは難しいかもしれませんが、できるだけ衛生環境の維持を心がけることが大事です。


こうした点も踏まえつつ、妊娠中には歯科医院で検査を受けるようにしましょう。歯科医師とよく相談し、妊娠中の口腔ケアについて決めておくとよいかもしれません。3ヵ月に1回程度歯科医院に定期健診を受けるだけでもずいぶんと違ってきますから、その辺も意識しておきたいところです。