軽水

ホームへ戻る > 軽水

妊娠中の口腔ケアについて
水の役割
乾燥にも効く水とは
入浴前に飲む水
食事中の水

水には、軽水と重水があります。軽水は、私たちが普段使っている水のことを言います。飲料用などに使用されている水にも、重水が含まれている場合もありますが、ごくわずかです。だいたいが軽水です。


水のことを表現するのに、「これは軽水です」と表記されているのを見たことはないですよね。普通は、わざわざこのように、区別して書かれることはありません。軽水は、飲料水のほかに、洗濯やお風呂など、生活用水として幅広く使われています。天然水の99.74%が軽水です。残りのごくわずかな量は、重水です。重水を完全に除去した軽水というのは、なかなかありません。だから、「軽水」とはいっても、実はごく微量に重水が入っているものです。けれども、重水は体内の10%以上を摂取すると、生体機能を乱すことが分かっています。生命を危険にさらすこともわかっています。だから、なるべくなら摂取したくないですよね。

宅配水は、私たちの水にまつわる「安心」を提供してくれるサービスです。安心なミネラルウォーターを配達してくれます。お金はその分かかりますが、その代わりに大きな健康が得られるのは嬉しいことです。そのためか、家庭用にウォーターサーバーを導入する人が増えています。自宅に配達されるクリーンな水を飲んでいれば、なにかと安心ですからね。


配達する水から、重水素を極限まで少なくさせた軽水を「超軽水」といいます。超軽水は、がん細胞の抑制に効果があるとされます。超軽水を配達する業者を選ぶと、より健康的になりそうですね。