借地注文住宅

ホームへ戻る >  衛生的なウォーターサーバー  > 借地注文住宅

注文住宅において、人気が高まっているのが借地を利用した注文住宅です。借地となるため、地主に対して毎月一定額の土地代を支払わなければなりませんが、固定資産税がかからない、土地そのものを買う必要がないことから購入価格が大きく下がるため、購入のための敷居は非常に低いと言えます。ローンも土地付きと比べて期間が短くなりますが、最大30年で組むことができます。場合によっては賃貸の家賃よりも月額が安価になります。


借地と言うことで不安を感じる方も多くおられると思われますが、住宅販売メーカーや工務店などと綿密な相談、打ち合わせを行うことによって解決することが出来ます。また、借地には土地付き注文住宅にはないメリットもあり、しっかりと知識を蓄えていけば、非常に有効な選択肢とも言えるでしょう。

デメリットとしては、借地を管理する地主に依存せざるを得ない点もあり、借地の契約期間なども確認しておきたいところです。基本的に不当な理由で立ち退きを要求することは出来ませんが、契約終了後は更新ができず、転居せざるを得ない可能性も決して無いとは言い切れません。非常に稀なケースではありますが、万が一のトラブルに対しても十分に対処できるよう、十分な相談をしておくことが大切です。


しかし、借地であっても支払い終了後、改めてその土地を購入することが出来る場合や、住居を手放す際に地主により建物の買取が示唆される場合もあります。あくまで地主との相談とはなりますが、最終的に最初から土地付き注文住宅を買うよりも総合的にお得になる場合もあります。住宅に関することだけでなく、地主との関わり方などについても相談してみることで、より良い活用が出来ることでしょう。