土地付き注文住宅

ホームへ戻る >  衛生的なウォーターサーバー  > 土地付き注文住宅

注文住宅において、特に人気の高い形態が「土地付き注文住宅」です。これは土地の購入とワンセットで住宅を購入するもので、一戸建ての建築と同時に自身所有の土地を持つことが出来る注文住宅の購入方法です。住宅の本体価格に加え、土地代の支払いがあるため、全体的に高額となりますが、ローン年数は最大35年と長く、支払いプランをしっかりと計算しておけば、無理なく購入することも可能です。


土地付き注文住宅の最大のメリットは、なんと言っても「土地の所有」にあります。ローンを全額支払った後でも、その土地の所有者は自身となるため、住宅を手放すことになったとしても、資産として運用することが可能になること、支払いを全て終わらせてしまえば、以降は負担も大きく軽くなると言う点にあります。

逆に、デメリットとしてはやはり固定資産税の問題があります。固定資産税は住居本体だけでなく、土地そのものにもかかるもので、自身が所有している土地である以上、支払いの義務があることから、維持コストは高額になりがちです。また、相続に対しても相続税がかかるため、長期的な使用、運用を考えていなければ維持が難しくなってしまう場合もあります。


しかし、近年では注文住宅の価格が購入しやすいものとなってきており、さらに将来を見越して土地を所有することのメリットを考えた上で土地付きにて購入する人が多くなっています。多少のデメリットはあるものの、それを覆い隠すだけの魅力があるとも言えるのは間違いありません。