住宅の建築方法について

ホームへ戻る >  インプラントとは  > 住宅の建築方法について

一戸建ての住宅を建築するには、いくつかの方法があります。それは木造か鉄筋コンクリートかというだけでなく、作り方によっても分けることができるのです。たとえば、ツーバイフォーと呼ばれる工法があります。これは、北米などで使われてきたもので、床と壁、そして天井からなる6面体を合わせることによって一戸建てを作るものです。1つの柱や面などに力が加わらないようになっているので、耐震性に優れていると言われてます。また、耐火性能にも優れているという特徴もあるのです。


そして、木造軸組みは、日本に古くからある建築工法です。なによりも増改築がしやすいのが特徴で、外観も和風のものから洋風のものまで自由に選ぶことができます。また、大きな拭き吹けを作ったり、部屋の大きさなども設計の段階でいろいろと希望を出すことができるなど、自由度の高い工法だと言えるでしょう。柱と梁に筋交いや火打ち梁のような斜めの木材を加えて、地震などにも強い構造をつくることができます。

あるいは、素材に関して言えば、鉄骨造りやコンクリート造りの家もあります。これらの建築工法では、鉄骨、鉄筋で枠組みを作ることになります。地震にも強く、耐火性能もあることで人気がありますが、増改築がしづらいという難点もあるのです。また、プレハブ造りも安定した品質を保てることで有名です。木質のものや、鉄骨のもの、壁にコンクリートを流し込んでつくる頑丈なものなどがあります。ある程度、規格が決められているものなので、工期が短いことも特徴の1つだと言えるでしょう。