和製CMS 2

ホームへ戻る >  インプラントとは  > 和製CMS 2

「OpnePNE」はSNSサイト構築に向いたCMSで、mixiのようなサイトを作るのが得意です。汎用性を捨ててSNS作成に特化している分、シンプルで分かりやすい物となっているのが特徴でしょう。携帯での書き込み転送やメール投稿などにも対応しており、mixiによく似たインターフェースと相まって、日本での使い勝手が非常に良いシステムと言えます。


「SOYCMS」は京大発のベンチャー企業が開発した純国産CMSで、その最大の特徴はシンプルさに有ります。IT知識が余り無い人間でも、ストレスなくサイトの構築・運営が行えることを目標としているようです。また、既存のHTMLをそのままデザインテンプレートとして取り込むことが可能、デザインとコンテンツの切り離しがしっかりしていて、テンプレートに独自タグが挿入されないなどの特徴もあります。日本での開発ですので技術ドキュメントが利用しやすいことが大きな利点でしょう。まだ若いシステムですので、これからに期待という部分も有ります。

「島根県CMS」は、短期間で大量の情報が発信される企業組合などのサイトに特化したシステムです。インストールに関してDebian/Linuxのみという制限を抱えていますが、一旦サイト構築した後の管理のしやすさは特筆もので、技術のある企業がサイト構築して、官庁が運営管理するというような用途を想定して作られていることがわかります。面白い特徴としては、音声合成による自動読み上げを標準で搭載しており、視覚弱者の人の利用なども考えた、官庁・組合・協会のサイト構築で力を発揮するシステムと言えるでしょう。