入れ歯ができるまで2

ホームへ戻る >  矯正歯科の値段、保険の観点から  > 入れ歯ができるまで2

入れ歯ができるまで2患者さんの口に合わせてみて、実際にちゃんと噛めそうだ、問題なさそうということになったら、次は入れ歯のレジンをかっちり固めるための「重合」という作業が行われます。これは、入れ歯をお湯で煮るという作業になります。この工程で如何に変形を少なくできるかが、総入れ歯の場合、固定力に大きく関わってきますので、非常に重要な工程でもあります。率直に言って、日本の歯科技工士の皆さんは、保険適用の総入れ歯の値段では割りに合わないほどの細心さでこの作業を行っています。


こうして入れ歯がかっちり固まった後、細かなバリや引っ掛かりなどを取るため研磨をします。この研磨も総入れ歯の場合、密着度合に直結しますので、非常に神経を使います。

ここまでの工程を経て、患者さんの口に実際にはめて使用する総入れ歯が完成します。しかし、これで終りというわけではありません。患者さんが入れ歯を実際に使用してみると、何かしら後々の調整が必要になってくるものですので、そこからしばらくの間は、歯科医院に頻繁に通いながらの調整が続くことになります。


特に初めて総入れ歯を使用される方の場合、入れ歯自体に対する不慣れがありますので、その精神的なケアなども含めて歯科医のお仕事ということになります。全体に、非常に多くの手間とコストがかかっているのが、入れ歯制作ですので、正味な話、保険適用で作った場合には歯科医は赤字だそうです。常に使用して生活の質に直結するのが入れ歯ですので、出来れば充分な予算で適切なものを作りたいものです。