インプラントセンター治療の流れ

ホームへ戻る >  矯正歯科の値段、保険の観点から  > インプラントセンター治療の流れ

インプラント治療を受ければ、まるで本物の歯のような噛み応えを取りもどすことができます。そのことからインプラント治療に興味を持っている人はたくさんいますが、実際にどういう治療をするのかわからないという方もたくさんいます。それではインプラントセンターの治療は、いったいどういうものなのでしょうか。


インプラントセンターでの治療は、まずしっかりとしたカウンセリングと検査をおこなうところからはじめます。そこでインプラントについての説明を受け、その後噛み合わせを見るために歯型をとり、診断用のレントゲンをとって治療計画を立てます。その後、診断結果に基づいた治療計画が説明され、治療を開始します。そのときに虫歯や歯周病がある場合は、そちらの治療からはじめます。骨量が不足している場合は、骨の再生治療もおこなわれます。

実際に治療を開始したら、そこから長い期間が必要になります。手術によって人工歯根を顎の骨に埋めこみ、その後6週間から6ヶ月ほどの時間をかけて、人工歯根が骨に馴染むまで待つことになるのです。しっかり骨と結合したことがわかれば、上部構造を設置してインプラント治療の完了です。


インプラントセンターでの治療の流れは、簡単に説明すると以上です。もっと細かく見ていくとさまざまな行程がありますが、これはそのインプラントセンターで説明されるので、そのときに聞いてみましょう。長い時間とお金がかかるものですが、それだけの価値がある治療なので安心して治療を受けてください。