ホワイトニングの種類

ホームへ戻る >  矯正歯科の値段、保険の観点から  > ホワイトニングの種類

ホワイトニングの治療方法は一種類ではなく、いくつかの選択肢があります。患者の事情に合わせて最適な方法が選択されることになります。では具体的にどのような方法があるのでしょうか。


まずオフィスホワイトニング。これは歯科医院に通って施術を受ける方法です。通院の手間と費用がかかりますが、医師の手による施術なのでより安全・確実で、理想どおりの白さにすることができるというメリットがあります。


それからホームホワイトニング。こちらは自宅で自分で行う方法です。専用のマウスピースと薬剤を使用して行います。毎日自分で行っていく必要があることや効果を発揮するまである程度の期間がかかるといった難点もありますが、費用の負担が少なく、自分の都合に合わせて治療を行っていくことができるというメリットがあります。

より短時間で、確実に効果を発揮したい場合には、この2つの種類を同時進行で行うと言う方法もあります。もっとも費用がかかる方法ですが、できるだけ早く歯を白くする必要がある場合や、白い歯をできるだけ長続きさせたい場合に適した方法です。


これらに加え、神経を抜いてしまった歯に対して行うウォーキングブリーチという方法もあります。神経を抜くと歯が黒く変色してしまう場合がありますが、その場合に行われます。場合によっては保険適用で治療を受けることができることもあるので神経を抜いた後の変色に悩んでいる人は医師に相談してみるとよいかもしれません。


これらの選択肢の中から、歯の変色度合いや本人の意思を踏まえて最適な方法が選ばれるのです。