インターナショナルスクールのメリット・デメリット

ホームへ戻る >  貸事務所のスタイル  > インターナショナルスクールのメリット・デメリット

インターナショナルスクールは、多様な国籍、民族の学習者のための教育機関としての学校で特定の国に依存しない初等教育や中等教育の教育課程です。


インターナショナルスクールに通うメリットとしては、日本にいながら外人並みの英語をマスターできることです。義務教育では、テキストを読んで書くことが中心になり、いざ外人と英語で会話しようとすると全くといっていいほどできない子供が多いようです。しかしインターナショナルスクールでは、話す、書く、聞くことがネイティブレベルでできるようになります。

英語をマスターするためには海外留学をするのも一つの手段かもしれませんが、子供を一人で海外に行かせることが不安な親は、インターナショナルスクールに通わせることが良いでしょう。

デメリットとしては、インターナショナルスクールは全て英語で授業が進められますので、後々日本の学校へ通うと授業が難しく感じることがあります。日本語の授業もありますので、日本語もしっかり学習することが必要です。母国語ができない日本人にならないように気をつけましょう。


また、卒業資格についてもデメリットとなります。インターナショナルスクールは学校教育法で定める学校ではありませんので、義務教育を履行していないと認定されることもあります。中には、大学受験に大検を受ける必要が出てくる場合もあります。


英語が話せるようになることは、将来大きなメリットとなりますが、年間150万円前後の学費もかかりますので、よく検討してから入学させるのが良いでしょう。