家の購入の価格比較

ホームへ戻る >  注文住宅の耐震構造と免震・制震構造の違い  > 家の購入の価格比較

さて実際に家を購入する際に1番気になるのは、やはり金額です。少しでも安い物件を探したいものです。まず、戸建てで家を購入すると決めた場合の家の金額ですが、注文住宅の場合には土地の値段が当然建売住宅とは違います。仮に、土地の値段が同じとした場合には、注文住宅の場合が高くなるのは仕方ありません。これは分かりやすく説明すると、既製服とオーダーで洋服を作った場合に、どちらが高いかを考えて頂ければ早いと思います。デパートなどで売っている洋服は自分の手で取り、目で見ることができ、買うか買わないかを判断し易いです。しかし既製服に欲しいと思う洋服がなく、自分でデザインしたり自分だけの服がどうしても欲しい場合には、オーダーするしかありません。


では戸建てとマンションの場合は如何でしょうか?これは一概には言えません。それは土地の値段が大きく影響するからです。もし建売住宅が販売されている土地に高層のマンションを建設し、その販売予定の家の部屋などの仕様を同じとしたら、マンションのほうが家の購入金額は安くなるでしょう。でもそんな比較自体がナンセンスです。

結局家の購入をする場合には、自分の予算と何を重視するかによって違ってきますから、戸建てを買うかマンションを買うかを先ずは決めてからです。その上で予算内で、どれだけ良い物件を探せるかに尽きます。ただ、同じ予算の場合に戸建てとマンションでは月々の支払いに違いが出て来ます。戸建ての場合も新築と中古住宅でも住宅ローンを組んだ場合には支払い年数が違い、当然月々の支払いも変わってきます。


家を購入するには長期的な視点が必要です。仮にマンションを買ったとしても「狭かった」と後で後悔しない様にしましょう。