両手間の仲介手数料

ホームへ戻る >  注文住宅の耐震構造と免震・制震構造の違い  > 両手間の仲介手数料

仲介手数料仲介手数料とは不動産売買の際に売主と買主とを仲介する不動産業者が報酬として受け取るものです。これは原則として買主が支払うことになっています。しかし、特殊なケースとして買主と売主両方から受け取ることができる場合もあります。それが両手間の仲介手数料というものです。


この両手間の手数料が発生するのは、買主と売主の間に不動産業者が一社しか入らない場合です。つまり一社の不動産業者が売主と買主両方の仲介を行うことになるため、両方から報酬として受け取ることができるわけです。


また、特殊なケースとして買主を仲介する不動産業者と売主を仲介する不動産業者が異なっていた場合でも、契約が成立した場合、売主が買主を仲介した不動産業者に手数料を支払う場合もあります。

単純計算として、両手間で仲介手数料を受け取ることができれば不動産業者の利益は2倍ということになります。ですから不動産業者の中には両手間の物件を優先して勧めてくるという傾向も見られます。ですから不動産で物件探しをする際には注意が必要となります。逆に両手間で受け取れるのを利用して仲介手数料の半額・無料のサービスを提供している不動産業者も存在しています。


このように、両手間かそうでないかは不動産業者の利益だけでなく運営方針・サービス内容にも大きく影響を及ぼします。ですから不動産業者に勧められるまま物件を選んでいくのではなく、物件探しをする際にはその仕組みを覚えておく必要があるのです。