注文住宅の耐震構造と免震・制震構造の違い

ホームへ戻る > 注文住宅の耐震構造と免震・制震構造の違い

ゾーニングが二世帯のコツ?
両手間の仲介手数料
建売の一戸建て住宅で気をつけるべきこと
建売一戸建て、築年数を確認しましょう
家の購入の価格比較

折角注文住宅折角注文住宅で家を建てても、神戸大震災のような大きな地震で家が倒壊しては大変です。まして家だけでなく大切な人の命が奪われることがないように、注文住宅で家を建てる場合に制震や免震構造の家を検討することも必要かもしれません。もともと地震に対して建物をどのようにつくるのかを法律で定めた建築基準法があります。この建築基準法は1950年に制定されて以来、これまでに4回にわたり住宅の耐震性に関して改正を重ねています。

たとえば地震だけでなく台風などの時に暴風からに耐える壁だけの耐力壁や、建物を支える基礎や地盤などについてもこの建築基準法で細かく指定しています。その基準となっているのは、数百年に1度程度の大きな地震があっても、倒壊したり損壊等しない耐震性がある家です。この場合の耐震構造とは、建物の壁や柱や梁などの構造部分を強くし、地震の揺れに耐えるように設計された構造を指します。また免震構造とは、建物と基礎との間に地震の力を緩衝する装置を設けて、地震の力を建物に直接伝わらないようにする構造のことです。


制震構造とは、建物の構造部分に組み入れた特殊な制御装置で、地震の揺れを吸収させるという構造のことです。耐震構造の家は、建築基準法によって一定の基準を保つことが義務付けられていますが、注文住宅で家を建てる場合にこの免震・制震構造の住宅を建てることができます。特に頻繁に地震がある地域の方が、注文住宅で家を建てるのであればなおさらです。